廃車レベルの車でも買取査定は可能でしょうか?

一般的に水没や災害、各部の故障によって不動車になってしまったり、
事故を起こして壊れてしまった事故車、極端に過走行で市場価値の無い車は廃車扱いになります。

では、廃車は価値が無いのかと言えばそうでもありません。
比較的年式の新しい車は廃車寸前でも修理して市場にでることはありますし、
部品取りのためにちゃんと査定をしてくれる普通の買取業者もいます。
また、車には再生部品やリサイクルができるパーツがたくさん使われているので、
それを活かすことのできる廃車専門の買取業者も存在します。

<買取業者と廃車専門業者の違い>

一般的に市場価値のある車を買い取っているのがアップルやラビットなどの買取業者で、
車種、不動車、事故車問わず、何でも買い取っているのが廃車専門の業者です。
両方を兼用している買取業者も存在します。

普通の買取業者は市場価値のある車を求めているので廃車は敬遠されがちですが、
廃車専門の業者は再生パーツや鉄くずとしての価値を求めていますので、
大きな車や利用できるパーツが多い場合は高額で買い取ってもらえることもあります。
中には廃車なのにちゃんと査定して金額を算出してくれる業者も存在するので驚きですね。

<廃車になってしまったらどうしたら良い?>

乗っていた車が廃車同然になってしまったら、永久抹消手続きを取るのが一般的です。
廃車のまま置いておくのも場所を取りますし、税金も掛かかるのでそのままにしておくメリットがありません。
自分で廃車手続きをするとなると書類を集めたり陸運局に出向いたりと、
何かと手間が掛かかりますので廃車買取業者に引き取ってもらった方が良いでしょう。

普通は必要書類を渡して車を渡すだけで取引は終了ですが、
不動車の場合は引き取りに手数料が掛かったり、
名義変更などの諸手続きに費用が掛かったりする場合もあるので、
必ず業者に確認してから依頼するようにしましょう。

<知っておくと得をする?廃車の賢い売り方>

廃車になってしまった車はそのまま買い取ってもらうのが普通ですが、
車が動かなくなってもまだまだ使えるパーツもたくさんありますね。

例えば、カーナビやエンジンスターターなどの装備。
これは廃車の場合は一般的な中古車と違い、取り外しても査定額に影響があまりありません。
廃車専門の業者は、車を構成する部品や鉄自体に価値を見出しているので、
取り外しに手間がかかるカーナビやエンジンスターターなどの装備はほとんど考慮されないのです。
もちろん付いていた方がプラス査定になる場合もあるのですが、
業者に確認して問題が無い場合は取り外して次の車に使うか、
自分で売ってしまってお小遣いにした方が良いでしょう。

中古車査定の高値売却ポイントは?

車の売却を考えた時に、誰でも高く買い取ってほしいと思うことでしょう。
特に愛着のあった車は市場価値以上の金額で買い取ってほしいものですよね。

では、中古車査定で高額を付けてもらうにはどうしたら良いのでしょうか。

<意外なところにある!高値売却のポイント>

中古車の市場価値は車種、走行距離、年式の3つに大きく依存しており、
中古車の市場価値の大半がここで決まります。

しかし年式が古くて走行距離が多くても諦めることはありません。
中古車の査定には内外装点というものがあり、
外装であれば1~S点の10段階、内装であればA~Eの5段階で評価されます。

ある程度の市場価値が決まっていても、
その車を大事にしていたというアピールを行えばプラス査定が望めるのです。
このアピールが上手くできれば、10万円の査定額を100万円に上げることはできなくても、
15万円に上げられる可能性は大いにあるのです。

しかし、いくら大事にしていたと口だけで言っても効果はありません。
車が汚かったり車内にゴミが散乱していたら査定員はどう思うでしょうか。
名実共に大事にしていたと思わせなければいけないのです。

○査定をしてもらう前に徹底的に洗車をする
当然といえば当然ですが、洗車をしなければ車は汚いままです。
それも、ただ外装だけ洗車しても意味がありません。
給油口を開けたらコケや汚れがびっしり付いていた、
エンジンフードを開けたら埃を被っていた、
ドアヒンジに泥汚れがこびり付いていた、
なんて事があれば、とても大事にしていたと思ってもらえません。
普段は見えないところも徹底的に洗って査定に出すことがポイントです。

○室内の臭いや汚れも徹底的に落とす
車を大事にしている人は、基本的に車内は常に綺麗にしています。
土足禁止とは言いませんが、マットは洗って土汚れを落としておきましょう。
ゴミや食べかすが落ちているのは当然厳禁ですので、掃除機をかけておきましょう。
ガラスの汚れは拭けば取れますし、飲み物のシミも市販の洗剤と水である程度落とすことができます。
タバコや動物の臭いは早々落とせるものではありませんが、
カー用品店で売られている消臭剤や芳香剤も一定の効果がありますので使ってみても良いでしょう。
ただし、あまりキツイ芳香剤は逆効果なのでほどほどに。

○外装の小キズや色褪せは磨いておく
深くて大きなキズや凹みは残念ながら素人でどうこうできるものではありません。
そういうものはしょうがないので素直に諦めましょう。
しかし、小キズはコンパウンド入りのWAXで薄く出来たり目立たなくすることはできます。
また、経年劣化による色褪せは洗車して手塗りWAXを掛けてやれば、
見た目がかなり変わることもありますのでやってみて損はないでしょう。

これらは特に専門的な機械も清掃業者に出す必要もありません。
ちょっと気合いを入れた洗車や室内クリーニングを行えば、
内外装点がワンランク上がる可能性もあり、結果的に査定額を上げることができるのです。

<準備ができたら一括査定へ!>

中古車査定の基本は、多くの買取業者に査定してもらうことです。
査定額の差が20万円以上違うこともザラにありますので、
1社で決めてしまわずにできるだけ多くの買取業者に車を見てもらいましょう。

このサイトに登録している買取業者の数はなんと163社。
その中から自分の地域や条件に合った業者を最大10社選べます。

せっかく手間暇掛けてクリーニングしても、査定額が上がらなければ意味がありません。
たくさんの買取業者に自分の車を見てもらい、大いにアピールしてみてはいかがでしょうか。

車売却契約後でも、キャンセル可能ですか?

車を売る前にキャンセルについてしっかり確認しておかなければトラブルの元になります。
車を買う時でも売るときでも契約内容の変更は原則NGですが、
契約前にキャンセルも含めた契約内容をしっかり確認することは重要なことです。

<軽く考えてはいけない売買契約>

基本的に業者は売買契約後、すぐに買い取った車をオートオークションに出品する準備を始めたり、
店頭に並べれるように美装や整備に出すなどの販売準備を開始します。
中古車の買取金額はその時の相場で算出していますので、
損失が出ないよう業者としても出来るだけ早く捌いてしまいたいのです。

売買契約を取り交わした後に気が変わったのでやっぱり止めた!というのは基本的に通用しません。
業者によって異なりますが、基本的に売買契約後のキャンセルは無効になります。
また、例えキャンセルが出来たとしても、業者にとっては少なからず損失が生まれますので、
なかなか高額なキャンセル料(売買契約違約金)を請求される可能性があります。
契約前に約款などがあれば熟読し、無い場合は必ず担当者に確認するなど、
しっかり理解した上で契約を結ばないと後々トラブルの原因となります。

<キャンセルのルールは業者によって異なる>

基本的にどこの中古車販売店や買取業者も買い取った車はそのままにしておかず、
整備に出したり美装するなど売却準備に取り掛かるので、キャンセルには難色を示す可能性があります。
しかし、売買契約日当日や次の日程度であれば無償でキャンセルできることもあります。
また、オートオークション会場に搬入していた場合でも、
まだ出品されていなかった場合はキャンセルできることもあります。
いずれにせよ、どの程度の期間であればキャンセルができるのか、
売買契約前に必ず確認しておく必要があります。

<キャンセルを申し込むなら出来るだけ早い内に>

オートオークションに出品する車は数日の内に業者の手元を離れてしまいます。
オートオークション会場に搬入する前や出品前であればまだ大丈夫な可能性がありますが、
一度出品されてしまうと例えキャンセル料を払ったとしても車を返すということ自体ができなくなります。
また、店頭販売で車がまだ業者の手元にあったとしても、
次の買い手が見つかっていた場合は基本的にキャンセルはできませんが、
どちらにせよ、万が一急な事情によって売却ができなくなってしまったのであれば、
出来るだけ早急に業者に連絡を取って事情を説明しましょう。

車検切れの車でも買取査定は可能ですか?

車検が切れている車でも買取査定はもちろん可能です。
査定額が下がるのでは?と考えられる方もいるかと思いますが、
車検切れでもそこまで大きなマイナスにはなりません。

<車検切れでもマイナスにならない理由>

車検の残っている車と切れている車を比べると、
当然ですが車検の残っている車の方が何かと有利になります。

例えば、車検の切れている車は当然公道を走ることができないので、
業者に直接見せに行くことができず、出張査定を利用しなければなりません。
また、売却を決めてもお店に持って行けないので、
仮ナンバーを取得するか搬送車を手配しなければいけませんね。
こういった理由から車検の切れている車の方が査定額アップの交渉がしづらくなったり、
搬送車の手配や仮ナンバーの取得費用分だけ査定額が低くなることがあります。

ただ、これを理由に査定額を低くしても売ってもらえないなら意味がありません。
買取業者は査定額を低くして売ってもらえないより、
これら全てサービスで行って売ってもらった方が良いと普通は考えます。
引き取りもあまりに遠方でない限りそこまで負担にはならないので、
車検が切れているからといって査定額が低くなる程のマイナスにはならないのです。

<車検が切れている車は実は売りやすい?>

よく中古車雑誌や中古車販売店のHPを見ていると、
「車検2年付」という文字を見かけます。
これは「引き渡す時に車検を取ってから渡しますよ」という意味になります。
重量税や自賠責保険の料金は購入者が支払うことが多いですが、
購入者にとっては中途半端に数ヶ月の車検が残っているより、
車検満タンで納車された方が嬉しいですよね。
車検が切れているからと言って嫌われる理由は無いのです。

<車検切れの車でも査定額アップを狙えるかも?>

搬送車の手配や仮ナンバーの取得が必要になるなど、車検切れの車の引き取りには何かと手間が掛かります。
しかし、買取業者に競争してもらうことで、マイナス分が帳消しになることがあるんです。

一括査定依頼で多くの買取業者に査定してもらうことで、
例えば「○○さんは搬送車を無料で出してくれると言ってたよ」とか、
「○○さんは店頭販売の時に車検満タンで売れるからって逆に高値を付けてくれた」など、
逆に査定額アップのための武器ができるかもしれません。

一括査定でおススメはこのサイトです。

より多くの業者に競争してもらうには、サイトに登録している業者が多いことに越したことはありません。
「車買取比較ズバット」なら登録業者数はなんと163社もあり、査定額を比較するにはもってこいです。
車検が切れている車は、このサイトで高額売却を狙ってみてはいかがでしょうか。

事故車でも買取査定は可能でしょうか?

事故車を買い取ってくれる業者というのはたくさんありますが、
事故車の中でも廃車寸前のものからコツンとぶつけただけのものまで様々です。
廃車寸前の車は普通の買取業者ではなく、
廃車買取専門の業者に買取を依頼してしまった方が良い場合もありますが、
普通に乗っていたけど過去に事故を起こしている車を売却するにはどうしたら良いのでしょうか。

<事故車でも事故車扱いになるとは限らない?>

事故車とは一般的にその度合に関係なく事故を起こした車全般を指します。
しかし、中古車市場では事故車という区分はあまり用いられず、
修復歴の有る車・無い車で分けられています。
修復歴の有る車は、事故や災害で車の骨格に当たる部分が修理または損傷している車のことを指し、
修復歴の無い車は、それ以外の車のことを指します。
つまり、事故を起こしていても骨格部分に損傷が無い車は修復歴無しと見なされるんですね。

買取業者の査定員はプロですので、修復歴の有る車はかなりの確率で見抜いてきますが、
中には修復箇所を見逃してしまう査定員もいるのです。
また、修復歴の定義は骨格部分の損傷または修理と決まっていますが、
実はどこまでの範囲が「損傷している、または修理されているとみなされるか」は決まっていないので、
修理している、損傷しているの定義は査定員の目測次第ということになります。

つまり、A社では修復歴有りで査定されたけどB社では修復歴無しで査定された、
ということも起こりえるのです。

<事故車を高く売る秘訣>

前述した通り、買取業者によって修復歴の有無が変わってきます。
買取査定を行う査定員にも「経験値やスキル」といったものがありますので、
言い方は悪いですが、査定歴の浅い査定員ほど損傷箇所を見逃しがちになります。
また、最近の車の修復技術はかなり向上しているので、
一見するとどこをどう直したのか分からないことも。
さらに、修復歴の有無を見抜くのが査定員の仕事ですので、
自分から申告する必要はありません。

1社2社で修復歴有りと判断されても諦めずに、
たくさんの買取業者に買取査定を行ってもらうことが高額査定に繋がる秘訣と言えるでしょう。

<査定をしてもらうにはどうしたら良い?>

買取業者の店頭に直接行って車を見てもらう方法と、
一括査定サイトを利用して見積もりを出してもらう方法があります。

休日の店頭巡りもなかなか面白いものですが、
手間や時間を考えると一括査定サイトを利用したほうが遥かに便利です。

ズバット等の一括査定サイトは登録業者数がなんと163社もあるので、
自分の車の条件に合った買取業者を自動で選択してくれます。
自分の車が事故車であっても、諦めずに高額査定を狙ってみましょう!

軽自動車は下取りよりも買取査定が良いですか?

中古車の査定は、一般的に下取りよりも買い取りの方が査定額が高くなる傾向にあり、
これは軽自動車においても同様のことが言えます。

経済的で燃費の良い軽自動車は人気が高く、高年式低走行車はもちろん、
低年式過走行車であっても一定の需要があるため、買取業者はこぞって軽自動車を欲しがるんですね。
たとえディーラーで新車に乗り換えるのだとしても、
軽自動車は下取りに出さず買取業者に査定してもらった方が良いでしょう。

<下取りよりも買取の方が良い理由>

買取業者が軽自動車を欲しがる理由は市場人気が高いためですが、
それ以外にもディーラーは査定があまり得意ではないという理由があります。
基本的に買い取られた中古車は整備と美装を施して店頭に並ぶか、
そのままオートオークションで売られるかのどちらかになります。
買取査定額というのは、基本的にこのオートオークションでの落札額を参考に算出されていますので、
長い間オートオークションで取引をしている買取業者は相場データも豊富で査定もお手の物です

また、買取業者は車を買い取ることがメインであり、ディーラーは車を売ることがメインです。
買い取りがメインであれば、日頃から査定を行っている査定員の目利きも当然高くなります。
査定を正確に行えるということは、いくらで買い取っても利益が出るというギリギリのラインもわかるのです。

例えば、ある軽自動車の相場が50万円~80万円の幅があるとします。
下取りは確実に利益が確保できる49万円までがギリギリのラインとなる場合が多いのですが、
買取業者の場合はより細く査定して、この装備であれば50万円出せる!とか、
この走行距離であれば60万円まで出せる!など、強気の査定額を提示することができるのです。
ここに大きな違いがあるんですね。

<軽自動車はどこで売却したら良い?>

買取業者の査定力は折り紙付きですが、
近年ではディーラー系中古車販売店も市場に参入して来ているので、
正確に査定できるディーラー系中古車販売店も増えてきています。
なかなか強気の下取り額を提示してくるディーラーもありますので、
下取りか買い取りかで悩むこともあるでしょう。

この場合は、ディーラー系中古車販売店も含めて、
とにかくたくさんの買取業者に査定してもらうことが重要です。
「車買取比較ズバット」であれば、登録業者数が163社もあるので、
一回で多くの業者に自分の車のデータを見てもらうことができます。

車の売却で損をしないためにも、一度一括査定を利用することをおススメします。

改造車でも買取査定は可能でしょうか?

スポーツ走行用に改造した車やドレスアップ用に改造した車であっても買取査定は可能です。

しかし、スポーツ走行用に改造している車は車検に対応していないパーツを使用していることが多いので、
騒音規制や排ガス規制によって車検に通らないことがあります。
また、無茶な走りをしているのでガタがきているんじゃないか?と、
普通の車を求めている人には避けられることが多いでしょう。
ドレスアップ用の車も、見た目はカッコイイけど車高が極端に低かったり、
モニターやウーファーなどを搭載するため車内が改造されていたり、
興味の無い人にとっては邪魔以外の何ものでもありませんよね。

このため、改造車は一般的な買取業者では査定額が低くなる傾向にあります。
では、改造車を高く売るにはどうしたら良いのでしょうか。

<買取業者を選べば改造車も歓迎される>

買取業者の中には改造車を専門に扱っているところもあります。
こういった業者は独自の販売経路を持っていたり改造車を好むユーザーを抱えていたりと、
改造車であっても高く販売することができるノウハウがあります。
一般的には嫌われる改造車ですが、買取業者を選べば高額売却を狙うことも可能なのです。

<純正パーツがあるなら元に戻す>

純正のパーツに戻して売却するのも一つの手です。
改造していたら査定額が大きく落ちていたものが、純正に戻したら大きくプラスになったということもあります。
純正パーツに戻すには費用がかかりますが、戻した分の費用以上に査定額がプラスになるのであれば、
元に戻して売ってしまった方が得になりますね。

また、外した改造用のパーツは単体でも売れることが多いので、
結果的にプラスになるということも考えられます。

<一括査定サイトを利用した売却>

どちらにしても、まずは買取業者で査定額を出してもらいましょう。
純正パーツに戻して売るにせよ専門店に売るにせよ、
たくさんの業者に査定してもらわないと比較することができません。
その車の価値が分かってから専門業者に売るか、
パーツ毎に売るかを決めても遅くはないのではないでしょうか。

「車買取比較ズバット」なら、登録している買取業者が163社ありますので、
改造車であっても高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

改造車を売却するなら、自分の車の価値を分かってくれる買取業者を探すことをおすすめします。

ローンが残っていても車を売却出来ますか?

車を乗り換えたい、売りたい!けど、ローンがまだ残っている…そんな場合はどうした良いのでしょうか。

原則として、ローンがまだ残っている車は残債を返済してからでないと売ることができません。
車検証を見てみると、「所有者」の欄に信販会社やディーラーの社名が入っていて、
「使用者」の欄に自分の名前が入っていることがあります。
これは簡単に説明すると、ローンを返済するまでその車は信販会社やディーラーの所有物で、
自分は信販会社やディーラーから車を借りている、という意味になります。
この状態を所有権の留保と言い、担保の一種になります。
つまり所有者から許可を得ない限り、その車を勝手に売ったり譲ったりすることができないのです。

では、ローンを完済するまで絶対に売れないのかと言えば、そうではありません。
残債のある車を売却する手段としては2つありますので見てみましょう。

<残債のある車の売却手段①>

一昔前であれば、ローンが残っていた場合はほとんどの場合、完済しなければ手放す事ができませんでした。
しかし、近年では売却金額が残債を上回っていれば売ることができるようになりました。
売却金額が100万円で残債が50万円の場合、車を売却して得た金額から残債を返済して、
残りの50万円は自分の手元に残る、ということですね。
<残債のある車の売却手段②>
5年6年と長期ローンを組んで車を購入した場合、
その間に相場が下がってしまい売却金額が残債を下回ってしまうこともあります。
査定額が50万円で残債が100万円といった状態ですね。
この場合は差額の50万円を支払ってから所有権の留保を解除してもらう必要があります。

<残価設定ローンの場合>

組んであるローンが残価設定ローンであれば、少し特殊になります。
残価設定ローンは、元々の目的が月々のローン返済額を抑えるというもので、
3年もしくは5年後に車を返すことを前提としているプランです。
このプランを組んでいる方はそれぞれ状況が異なりますので、
必ずディーラーや信販会社に確認しましょう。
<残債のある車を売却するには?>
主な売却手段は紹介した通りになります。
いずれにせよ、査定額が残債を上回っていなければいけなかったり、
残債を一括返済する必要があったりとなかなか険しい道となりますが、
まずは一括査定サイトを利用して多くの買取業者に車を見てもらい、
できるだけ高い査定額を付けてもらうことが売却の第一歩でしょう。

気に入った買取業者があれば残債について相談してみて、
できるだけ最適な方法を選びましょう。

ズバットはラビットやアップルも一括査定に含まれる?

一括査定サイトというのはたくさんありますが、
どのサイトを使って査定依頼をしたら良いのか迷うこともある思います。
車を高く売るには、なるべく多くの買取業者に査定をしてもらうに越したことはありませんが、
一括査定サイトはそれぞれ登録している買取業者が違うこともあります。
また、住んでいる地域によって利用する査定サイトの優劣が変わることもあるのです。

実際に一括査定サイトを利用する場合、

何を基準に選んだら良いのでしょうか。

<査定サイトを選ぶコツ>

○登録業者の数を確認する
せっかく一括で査定を依頼するのですから、
買取業者の数は多いに越したことはありません。
まずは登録している買取業者の数を比較してみましょう。
有名買取業者から地域で経営している買取業者など、
登録している業者は様々です。
自分の住んでいる地域の買取業者が登録されていたら、
それだけ査定してくれる業者の数が増えるので、
高く売るという意味で有利になるでしょう。

○サイトの充実度を図る
それぞれのサイト独自に専門家のコラムを紹介していたり、
車種別相場データを紹介していることがあります。
また、各査定サイトでそれぞれキャンペーンを展開していることもあります。
登録している買取業者に差が無い場合は、キャンペーンで決めてみても良いでしょう。

<おススメのサイトはどこ?>

有名な一括査定サイトはたくさんありますが、
「車買取比較ズバット」は登録業者数が大小企業合わせてなんと163社。
ほとんどすべての地域をカバーしている一括査定サイトです。
その中から自分の車の条件に合った買取業者から自動で最大10社を選択してくれるので、
手間をかけずに自分の車の買取比較が簡単にできるようになっています。

また、優良買取業者の「ラビット」や「アップル」も含まれており、店舗情報がかなり充実しています。
例えば、店舗の電話番号や住所、営業時間、さらにその業者を利用した利用したユーザーの声など、
これから利用するために参考になる情報がたくさん紹介されています。

車種別相場データや買取業者の選び方など、
コラムやサービスが充実しているのも嬉しいポイントです。
一括査定サイト選びで迷ったら、
まずは「車買取比較ズバット」を選んでみてはいかがでしょうか。

「車買取比較ズバット」はもちろん無料で利用できるので、
気に入った買取業者があればそのまま依頼しても良いでしょう。